そして君は大人になった

インフルエンザと、嵐ショックが吹き荒れておりますが、皆様、如何お過ごしですか?

そうですか!!

今夜は、ここ埼玉にもみぞれが降り、何だかやっと冬らしい景色に逢えたな〜なんて思いつつ、フットサル帰りでバキバキの体に鞭打ってのブログ更新です!

 

 

 

さて、先月は2本、ライブをさせて頂きまして、お蔭様でいい感じに2019年の音楽活動スタート出来た気がします。

 

 

 

 

 

1本目はこちら。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★1月18日(金)

〜産声mission vol.11〜

『伝熱 vol.73』

出演■たかはしようへい/あかたろ/恵太/林真世/ボクダンガン

 

 

恵太 セットリスト.

 

M-1.泪星

M-2.真心実家便

M-3.とうきょう

M-4.少年

 

 

 

昨年の11月に、ツイッター経由で、一通のメッセージが届きました。

 

 

「キジ★ムナが新宿で歌っている時に制服で通ってた者です」

 

 

 

 

 

 

キジ★ムナで新宿路上?

 

 

 

 

 

 

、、、

 

 

 

 

 

 

14年ぐらい前じゃん!!

 

 

しかも、当時新宿路上に制服で聴きに来てくれてた子は殆どいなかったので、僕もなんとな〜く覚えてて、もうめちゃめちゃ嬉しかったんですが、たま〜にこういうメッセージが飛んできたりするのでビックリします(笑)

 

 

さらに、

 

「今度の幡ヶ谷のライブ行きたいです!泪星聴きたいです!」

 

 

というメッセージまで頂きました。泣

当日、来てくれてるか分からなかったんだけど、リクエスト通り、1発目に泪星をやったんです。

 

 

 

泪星。18歳ぐらいの時に作った曲です。思い返せば、この曲が色んな事の始まりだった気がします。

 

 

 

高校在学中、ノリで送ったデモテープ(当時はMD)がとある音楽事務所の目に止まり、

 

 

「泪星、アレはええで。間違いなく売れる!」

「泪星、映画のタイアップになりそうやで!」

 

 

と、夢と希望しかなかった僕らは、ニンジンをぶら下げられつつ、気づけば福岡をはじめ全国に飛ばされ、給料もなく毎日路上ライブ→沖縄居酒屋周りをして、泪星が入ったCDを売っては、投げ銭も含めて社長の息子の口座に振り込むという生活が始まりました。1週間以上風呂に入れない事もよくありました。投げ銭が多く入った日は少しだけちょろまかして、何とか銭湯に入れたり、カップ麺をすすれたり。ネカフェ代が稼げなければ、雑居ビルや雪のそぼふる公園で寝たりもしました。65キロ位あった体重も、気づけば50キロぐらいになっていました。他にも、話しても信じてもらえないような悲惨なエピソードも多々ありますが、悪徳事務所だと気づくまで、1年半かかりました。

 

 

 

色々思い出して、色んな意味で泣きそうになりながら歌っていると、カウンターの方で、本当に泣きながら聴いてくれている人発見。あ、きっとあの子かな。MCで少しその話をして「来てくれてますかー?」と尋ねたらやっぱりその子でした。大きくなったな〜(泣)

 

 

ライブ終了後、再会を喜びつつ色々話を聞きました。一番僕が聞きたかったのは、

 

 

 

”なんでこんなに時間が経ってるのに、たまたま路上で見たミュージシャンの曲をまた聴きたいと思ったのか”

 

 

でした。

 

 

色々話を聞くと、どうやらその子は、毎週誰かのライブに行くぐらい、音楽が大好き。

 

 

と、いうことは、この14年間の間にも、恐らく相当な数のライブに足を運んでいるだろうし、多くの素晴らしいアーティストに出会っている事は、容易に想像がつきました。

 

 

益々、不思議に思って、思い切って聞いてみました。

 

 

「なんでまた聴きたいと思ったの?」

 

 

すると、大変興味深い答えが返って来たんです。

 

 

 

 

 

 

”初めて路上で聴いたアーティストだったから”

 

 

 

 

 

 

その瞬間、路上で出会った沢山の人達が頭に浮かんだと同時に、

 

 

”初めて路上聞きました!”

”路上で立ち止まってライブ観たの初めてです!”

 

 

実は全く同じセリフを何度も聞いていた事に気づきました。

 

 

ここで、一つの格言が生まれました。

 

 

『その人にとっては当たり前な光景や経験でも、ある人にとっては一生忘れられない体験になる』

 

 

 

そう、キーワードは、

初めての体験

 

 

確かにキジ★ムナは、数え切れないくらいのストリートヴァージンを卒業させてきた気がします(なんかエロい)。話は変わらないようで変わりますが、世の中、特に日本っていう国は、信じられないくらいサービス大国だと思います。店に入れば勝手におしぼりとお水が出てきたり、海外の人にとっては「ワァオ!」っていう事も多かったりっていう話はよく聞きますよね。音楽一つとっても、ライブ以外にも握手会だったりサイン会だったり。考えたら色々ありますよね。

 

 

高校生だったその子にとって、それまでアーティストっていうのは、ステージの上の人であって、話したり触れ合ったりっていうのは考えられないような存在だったそうな。なので、生まれて初めて路上ライブを見た上に、そのアーティストと話した体験は鮮明に覚えていて、その後も色んなアーティストのライブに行ったんだけども、ずっとまた行きたいと思ってくれてたみたい。確かに、新宿路上の後は、すぐに全国縦断の旅に出たり、その子にとっては行けるタイミングがなかなかなかったようで、解散したこともずっと知らなかったみたい。

 

 

「恵太さんが歌ってくれてて良かったです」

 

 

恐らく、人生でトップ3に入ってくるであろう嬉しい言葉を頂きつつ、「また生きて会おう!笑」と冗談を交えながら別れを惜しみました。そう、生きていれば、歌い続けていれば、こういう再会もきっとある。あの頃、毎日のように路上に足を運んでくれた人達や応援してくれた人達は、色んな想いを抱えて会いにきてくれて、曲を聴いてくれていた筈。「また聴きたいな」っていう想いに応えられるのは、世界中で僕しかいない。こんな僕にも、”僕にしか出来ない事”が確かにあるようです。

 

 

 

と、前置き?が長〜くなってしまいましたが、そんなこんなで2019年1発目から忘れられないライブになりましたとさ。

 

 

共演したアーティストの皆さんも、本当に素晴らしいライブばかりでした!

 

 

たかはしようへい君、こちらも6年振りの再会・共演で、個人的に物凄く楽しみにしていました。6年前はようへい君企画のイベントで出させてもらって、その時が初めましてで、イベント後にフェイスブックやツイッターでサッカー好きだという事が判明。早く会ってサッカーの話したいと思ってたけど、ズルズルと時が流れちゃった感じでした。ライブハウスからの詳細メールで、ブッキングのメンツを見てガッツポーズをしたのはここだけの話。ライブも素晴らしかった!ハーモニカホルダー、貸してくれて本当に有難う(泣)神奈川住みらしいので、ゆんたくに引き込む作戦発動中です(笑)

 

 

あかたろさん、お初でした。福岡出身という事で、かなりリアルタイムに福岡話でリハの時から盛り上がりました。圧巻のピアノテクニックとクオリティーの高い中毒性強めの楽曲。後でツイッターで知ったけど、ギターも上手いのね。福岡って、どんだけ凄い人がいるんだよ、、。

 

 

林麻世さん、お初でした。こちらもピアノ弾き!もうね、ステージがちゃんとしてる!ピアノ弾き始める前からアウトロが鳴り終わった後まで、一つ一つの仕草がピシッ!と。綺麗な新体操見てるようでした。楽曲も1曲1曲、本当に丁寧に作り込まれてる印象で、所々楽曲の雰囲気が、大好きな矢野絢子さんを感じる所もあってゾクゾクしました。

 

 

ボクダンガンさん、お初でした。THE・真っ直ぐな人!こういう人、大好き。地震を引き起こした?奇跡のMCも含めて、ほっこりするトリで御座いました。ライブ後、ツイッターで「実は僕も悪徳事務所に引っかかって、、」っていうメッセージがきた(爆笑)「今度、悪徳呑みしましょう!」って返しました。

 

 

 

と、いう感じで、控えめに言って最高の夜でした。

次の幡ヶ谷36.5°は、恐らくですが6月頃を予定しております。また大きくなって、挑戦したいと思います!

 

 

 

 

 

 

 

 

で、2本目はこちら!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

★1月25日(金)

~産声mission vol.12~

会場◾︎沖縄そば ゆんたく

 

セットリスト.

 

1stステージ.

M-1.オジーの三線

M-2.真心実家便

M-3.ヨイトマケの唄(美輪明宏  カヴァー)

M-4.どこを見て(アイロウ&タカ カヴァー)

M-5.心島

M-6.とうきょう

 

 

2ndステージ.

M-1.沖縄人

M-2.ささくれ

M-3.あなたに(モンゴル800  カヴァー)

M-4.うたうたい

M-5.それでも明日はやって来る

M-6.少年

M-7.チャンネー(新曲)

 

アンコール.

M-1.オジーの三線(生音ver.)

 

 

 

 

今年2発目は、お馴染み、沖縄そばゆんたく!たっぷり2ステージ、駆け抜けました。

 

 

先週まで風邪っぴきだったので、正直ちょっと不安もあったんですが、声が出る出る!お客さんが、いい感じに店内の湿度を上げてくれたお陰でしょう。新曲も初披露出来て、本当に楽しかったです。

 

 

そういえば、ゆんたくに向かう電車の中で、急にまた思い立って「ゆんたくの行き方」みたいな動画を作ろうと思って。折角、昨年、ユーチューバーデビューしたので(んな大したもんじゃない)、結構ゆんたくまでの道に迷われる方も多いので(僕も2〜3回迷った)、駅からお店までの行き方の動画を作ればお店側でも使ってもらえそうだなと思って。

 

 

 

早速、駅に着いて、ギター背負ったずんぐりむっくりが、周りにウザがられながら撮影して向かった訳ですが、、、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

暗くてよく分からん!

 

 

 

日本映画の巨匠、黒◯明監督の血を引いている夢を見た僕なので、映像には妥協できませんでした。

 

 

次回、もうちょっと早く家を出て、明るいのと侍がいないのを見計らって撮り直します。

 

 

 

ゆんたくは、今年は毎月最後の金曜日(5月以外)にやってますので、まだ来たことないよ〜って方も、是非遊びにきて欲しいな。

 

 

 

 

今月はこの2本です。

 

 

216日(土)

~産声mission vol.13

Acoustic Night 

会場ライブレストラン MOJO:MOJA

アクセス◾︎埼玉県越谷市中町9-6 野崎ビル203

時間■open 18:30/start 19:00

料金2000(別途1ドリンク¥500オーダー)

出演大島樹音(福島) / ナナ(宮城) / 尾上明範(島根) / 恵太(沖縄)

*恵太は5番手、20:2020:50の予定です♩

お問い合わせ■048-691-8686MOJO:MOJAまで)

MOJO:MOJAホームページ

 

http://www.mojo-moja.jp

 

★2月22日(金)

~産声mission vol.13~

会場◾︎沖縄そば ゆんたく

アクセス◾️神奈川県川崎市川崎区新川通10-3 ラ・ソレイユ 1F

時間◾️18:00 オープン 20:00スタート(2部ステージ制)

料金◾️投げ銭制(飲食代別途)

出演◾️恵太

お問い合わせ◾︎044-200-865(沖縄そば ゆんたく まで)

 

 

 

お待ちしてます♩

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゆんたくのマスター、仲宗根さんに頂いたお土産。

お客さん(バルーンアーティスト)の方の手作りなんだって!

サイズは子供用。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

早速娘(1才3ヶ月)に被せて見ると、かなり気に入ったみたい。

普段、帽子は結構嫌がる方なんだけど、この帽子だけは自分から積極的に被りに行ってます。子供ながらに、”手がかけられた物”というのを感じとっているのでしょうか。

 

 

 

 

何にしても今日は、サッカーアジア杯決勝ですね!

 

 

 

 

 

 

 

恵太

 

2019年02月01日 | Posted in ブログ | タグ: No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA