ボウズ社長

約4年振りに、幡ヶ谷36.5°で歌わせてもらいました。

 

 

 

★6月8日(金)

~産声mission vol.3~

会場■幡ヶ谷36.5°

『伝熱 vol.66』

出演/杉本孔明・西谷卓・大島樹音・恵太・CHIHHIE

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恵太 セットリスト

 

M-1.うたうたい

M-2.ささくれ

M-3.オジーの三線

M-4.とうきょう

M-5.少年

 

 

 

 

 

 

 

久しぶりに会う友達や、約14年前、福岡で歌っていた時からのファンの方が、たまたま出張で東京に来ていて、サプライズで観に来てくれたり。お陰様で、今年、恵太名義になって最高集客5人を達成!パチパチパチ!ソロで活動を初めて約8年、路上でもなく、ノルマのない居酒屋ライブでもなく、初めてライブハウスのノルマというものをクリアした、記念すべき日になりました。

 

 

会場に着くまでそれぞれの物語があったんだろうな~と思いながら、ただただ感謝の気持ちで一杯になりました。ソロになる前、福岡で100人集めた時も、渋谷で70人集めた時も、昔はそんなことはあまり考えられなかった。その頃は、有難い事に音楽だけをさせてもらって、普通に働いた経験があんまりなかったから。普段どんな気持ちで仕事をして、どんな気持ちで週末のライブだったり、好きな映画だったり、そういうのを楽しみに生活しているのか。そして、会場に着いた時、どんな気持ちになるのか。お客さんがいるのが当たり前じゃなくなった時、凄く色んな事を考えました。自分の音楽が悪いのか、活動の仕方が間違っているのか。音楽が良いか悪いかなんていうのは人それぞれだし、この活動の仕方が正解!っていうのがあればみんな武道館アーティストになってるっていう話なので、どっちも勿論大事だけど、もっと大事な事は、来てくれる1人1人の事をどれだけ考えられるか。今後、もっともっとその辺を考えていく所存です。兎に角、会場に足を運んで下さった皆様、本当に有難うございます!!

 

 

 

 

 

 

 

そんなライブの前日、前に働いていた営業会社の社長の訃報が届きました。

 

 

 

 

 

 

それまで音楽しかしてこなかった僕が、30歳にして生まれて初めて就職というものを経験した営業会社。約2年間、お世話になった会社です。今、僕がある程度自信を持って仕事が出来ているのは、間違いなくその2年間があったからです。

 

 

 

 

 

入社のきっかけは、求人サイトでHPがリンクされていて、社長の書くブログが面白かったので、思い切って求人に応募してみたのがきっかけでした。営業がしたいとか、正直、そんな動機ではなく、ただ面白そうだなっていう、それだけでした。特に職歴もなく、音楽活動とアルバイトのみの履歴書。まぁ、受かる訳ないなと思っていたら、後日電話が鳴って、「音楽をされていたんですか?実は、会社でバンドを組んでるんですよ~。」って。音楽に救われたな~なんて思いながら面接へ。「漫画のワンピースは好きですか?」といきなり聞かれて、いきなり何なんだろう??と思いながらも、「はい、好きです。」と答えました。後日、また連絡がきて、「採用させて頂きたい」と。

 

 

 

就職氷河期じゃなかったっけ?と思いつつ、30歳での就職活動はあっけなく終了。

 

 

 

 

入社後、研修がはじまり、まずは朝礼を覚える事に。社訓や、ちょっと変わった体操等を全部覚えて、流れを切らさずに出来るかどうか。しかも、めちゃめちゃ大声で。3日後、テストして合格すれば、社員がいるフロアーに入れてもらって、朝礼に参加できるという研修でした。同期で入った2人と、一生懸命練習。でも、なかなか覚えられない。同期の2人は20代で、飲み込みも早い。僕だけ出来ない。焦りが募りつつも、2日目の研修が終わる頃、研修担当の社員さんに「出来ないならどうする?1人で悩んでいるよりも、出来る人に聞けばいいんだよ」と。退社後、同期をつかまえて、練習に付き合ってもらう。30歳のおっさんが、20代の若者に頭を下げる。

 

 

 

そして迎えた3日目、順当に合格していく同期2人。いよいよ、僕の番になる。震えが止まらない。ありったけの声を振り絞って、社訓を叫び、体操をする。

「うっちー、合格!」

研修担当者の声が響くと同時に、涙が滝のように零れ落ちる。同期の2人にも祝福されながら、一生懸命に何かに取り組むって、確かこんな気持ちだったなって思い出した瞬間でした。

 

 

 

そんなこんなで、4日目の朝、晴れてフロアーへ。僕のデスクを案内され、そわそわしながら朝礼の時間を待つ。すると、ドン!とドアが開く大きな音と共に、ボウズで大柄な男が入って来る。ブログでみた社長だ。物凄い威圧感。見た目は、完全に893か5910。1人1人と握手しながら、ギョロっと大きな目で睨みつける。ただならぬ緊張感の中、いよいよ朝礼がはじまる。3人でやる朝礼とは大違い。約20人の社員でしたが、1人1人が物凄い気合。圧倒されつつも、何とか朝礼を終える。すると、「新人を紹介する」と、自己紹介をする流れに。自己紹介は、研修でも少しやっていて、初めての人に如何に印象を与えられるかを意識した紹介でなければいけない。同期2人は、分かり易くそれまでの経験をまとめた自己紹介を披露。ここは負けてられないと、僕は手拍子を煽りながらアカペラで歌を披露。話しよりも、歌ってる方が楽だし、単純に慣れていたからだ。結構盛り上がって、さっきの殺伐とした雰囲気が一転和やかな感じに。それから、何故かレクリエーションがはじまる。牛タンゲームみたいな、そんな感じのゲームを全力でやる。社長も、最初の印象とは違って、子供みたいな笑顔でゲームに参加している。なんか、変な会社だな~と思いつつ、僕の社会人としての第一歩が始まっていきました。

 

 

 

 

それから約4年が経った昨日。通夜に向かう為、久しぶりにスーツを着る。シャツの第一ボタンが閉まらない。スーツもシャツも、その営業会社に入社する前に買ったものだ。

第一ボタンを諦め、

 

 

「社長のせいだ、、。」

 

 

そう思いつつ、会場へ向かう。社長との思い出を思い出しながら。

 

 

「うっちー、昼メシ食ったか?」

 

はい、さっき食べました。

 

「よし、じゃあメシ行くぞ」

 

、、、は、はい。

 

 

そんな感じで、仕事中でもいきなり会社を連れ出されてご飯に連れていったり、得意の手料理を会社に持ち込んでは皆に振舞っていた社長。

 

 

「どうや?美味いやろ?」

 

 

子供みたいな顔で、笑っていた社長。

 

 

 

月に1回、社内イベントの日があって、チームに分かれてバンドを組んで音楽対決したり、料理対決したり、山登りや温泉、古民家を貸し切っての餅つき。そのたびに、美味しい物も一杯食べさせてもらいました。そんなこんなで、気が付けば入社1年で10キロ近く太ってしまったのでした。泣

 

 

 

かたや仕事では、結果が出ていない時、誰よりも悔しそうにしていた社長。

それには理由があって、誰よりも社員を信頼していたから。信頼していた社員が掲げた目標を、何よりも信じていたから。

まるで、ワンピースの麦わら海賊団のような会社を、本気で目指していたから。会社に、ワンピースが全巻置いてあって、教科書みたいになってて、たまに、仕事を中断して皆で読む事もあったぐらい。後で聞いたら、面接の時の最初の質問「ワンピースは好きですか?」で否定的な答えをすると、どんな学歴や職歴の持ち主であろうと採用する事はないそうな。一番大事な質問だったみたい。

 

 

 

色んな事がありながら、会社は創立10年を前に、メーカー本社に吸収合併される形で解散。しかし、沢山の思い出を共有した、当時の仲間とは今でも良い付き合いをさせてもらっています。そんな解散から2年が経ち届いた、突然の訃報でした。もともと持病持ちで、あまり体調は良くないっていう話は聞いていたけど、本当に突然過ぎて、昨日通夜で拝顔したけど、今でも信じられない気持ちです。それぐらい、インパクトのある人だったし、これから先、きっとふと思い返すような人なんだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誕生日の時に、「これが似合う営業マンになれ!」と、社長に貰った金ピカの時計。

頑張って無理やりつけてたら、会社帰り、やたらキャバクラ・風俗の勧誘が来るようになった。そんな話をしたらゲラゲラ笑ってた。

入社して2年目、少しづつ結果を出せるようになってきて、結婚を決意。

結婚式、入場して社長の前を通る時、金ピカの腕時計を見せて社長にドヤ顔したら、またゲラゲラ笑ってた。

代表挨拶もして頂き、退場の時は誰よりも強く抱きしめてくれた。

めちゃくちゃな人で、良いところも悪いところも沢山あったけど、心の芯は本当に優しくて、何だかんだで僕は社長が好きでした。

 

 

 

 

 

 

 

あの会社で働けたことは、一生忘れません。

どうか安らかに眠りについてください。

本当に有難うございました!!

ぞす!!!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

恵太

 

2018年06月10日 | Posted in ブログ, 想い・雑談 | | No Comments » 

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA